贈与による不動産名義変更

親から子供へ不動産を贈与する場合、名義変更の手続きが必要になります。この場合、贈与税が発生する可能性があるため、専門の人に依頼するとスムーズに行うことができます。

不動産の名義変更手続き

贈与による不動産名義変更

土地や家、マンションなどの不動産を所有している人が、自分の持っている不動産を他の人に譲ることもあると思います。

この場合は、ほとんどが親から子供へ不動産を贈与するというケースが多いようです。

自分の不動産を他の人に譲る場合には、不動産の名義変更の手続きをする必要があります。

しかし、民法などで名義変更が義務化されている訳ではないので、実際のところ、不動産の所有者が変わっても、手続きせずにそのまま放置している人も少なくありません。

不動産の名義変更をせずに、そのまま放置すると、その不動産を売却する際に手続きが面倒になったり、相続する人が増えてしまったりと、トラブルが発生する可能性が出てきます。

トラブルを未然に防ぐ為にも、名義変更の手続きはきちんと行いましょう。

贈与に伴う不動産名義変更とは、金銭のやりとりをせずに、双方の合意の元で行われるため、変更の手続きは簡単に済みます。

しかし、贈与税が発生する可能性も出てくるので、税の知識を持つ専門科に依頼すると安心でき、手続きもスムーズに進みます。

不動産の名義変更は、正確には不動産の所有権移転登記申請といいます。

申請に必要な書類を揃え、法務局に申請書と、必要書類を提出することで、不動産の名義変更をすることが出来ます。

■ おすすめサイト ■
不動産証券化協会 -ARES-