不動産贈与の際の手続き

不動産贈与の際の手続きは、司法書士などの専門家に依頼すると安心です。贈与の場合は贈与税が発生する場合があるので、確認しておきましょう。

不動産の名義変更手続き

不動産贈与の際の手続き

自分が所有する不動産を、金銭のやりとりなく、無償で他の人に譲ることを不動産の贈与と言います。

この場合、親から子供へ贈与するというケースが多いようです。

不動産贈与は、当事者同士の同意の元で行われるので、不動産贈与に伴う名義の変更手続きも簡単に済ませることができます。

しかし、贈与の場合には、贈与税がかかる場合があるので、名義変更の際には税に関しての専門科、例えば司法書士等に依頼すると安心です。

贈与による不動産名義変更には必要となる書類がいくつかあります。

贈与契約書など贈与を証明する書面、不動産権利証、不動産所有者の印鑑証明書、新たに不動産を所有することになる人の住民票、贈与する土地や建物の最新の固定資産評価証明書、贈与登記申請書といった書類です。

名義変更の手続きを行う際に最も重要な書類となるのが、贈与契約書です。

誰が誰に不動産を贈与して承諾したかを明確に記載し、不動産を所有している人と新たに不動産の名義人になる人の署名と実印を押印して贈与を証明する重要な書類です。

その為、誤字、脱字があると新たに作り直すことが必要になります。

司法書士などに依頼せずに、自分でこの書面を用意する場合は、慎重に行いましょう。

■ おすすめサイト ■
不動産証券化協会 -ARES-