相続に伴う名義変更手続き

不動産の名義を変更するには、名義変更に必要な書類を揃えて、法務局に申請書と書類を提出することで変更できます。

不動産の名義変更手続き

相続に伴う名義変更手続き

不動産の名義人が亡くなって、相続が発生した場合、その不動産の名義を変更する必要があります。

名義変更の手続きに期限や義務はありませんが、そのまま放置していると、相続人が増えたり、不正に売却されてしまったりとトラブルが発生する可能性があります。

トラブルを未然に防ぐためにも、手続きは早めに行いましょう。

名義変更する際には、相続人で協議をして、誰の名義にするかを決める必要があります。

名義人が複数になる場合は誰が固定資産税を支払うか、名義変更をした後、誰が権利証を保管しておくかなどを明確にしておきましょう。

名義変更の手続きを行う際に発生する登記費用の支払いも誰がするか決めておきましょう。

相続による名義変更には必要となる書類がいくつかあります。

亡くなった人の出生から死亡までの戸籍謄本、相続人の戸籍抄本、本籍の記載がある住民票、 印鑑証明書 、相続する不動産の固定資産評価証明書 、遺産分割協議書 などです。

しかし、出生から遡った戸籍謄本は戦争などで焼失している場合や住民票の保存期間が経過して破棄されている場合があります。

取得することが困難なものは、それに代わる書類が必要になったりするので、司法書士などの専門家に依頼するとスムーズに手続きを行うことができます。

■ おすすめサイト ■
不動産証券化協会 -ARES-