相続が発生した際の名義変更手続き

相続登記を怠ると、その不動産の名義人はいつまでたっても亡くなった方の名義のままであり、後々手続きが面倒になったりします。

不動産の名義変更手続き

相続が発生した際の名義変更手続き

土地や建物、マンションを所有する人が亡くなって相続が発生した場合、その不動産の名義変更を行う手続きのことを相続登記といいます。

相続登記は決して義務化されている訳ではありません。

では、何故面倒な手続きをわざわざ行う必要があるのでしょうか。

理由としては、相続した不動産を売却する際に、売却する不動産が売り主の不動産であるという証明が必要になるからです。

通常、不動産を所有している人は、法務局にある登記簿に氏名や住所が記載されており、一般公開されています。

しかし、相続したにもかかわらず、名義変更の手続きを怠ると、不動産の所有者はいつまでも亡くなった方の名義のままであり、実際に相続していても公的に証明できるものがありません。

このような事態を防ぐためにも、相続登記をきちんと行う必要があるのです。

相続登記をして、初めて相続した不動産を売却することが可能になるのです。

他にも相続登記を怠ることで、悪徳業者の不正により、勝手に不動産を売却されていたり、長い間放置することで相続人が増えたり、変わったりして名義変更する際に余計な手間がかかってしまう可能性もあります。

特に遺産相続の場合は、一度納得して同意した財産分与でも後々不満がでて、同意内容を撤回したくてもできなくなる可能性もあります。

■ おすすめサイト ■
不動産証券化協会 -ARES-