相続による不動産名義変更手続き

不動産相続が発生した際には、きちんと名義変更の手続きを行いましょう。名義変更は義務ではありませんが、トラブルを未然に防ぐためにも、しっかり行う必要があります。

不動産の名義変更手続き

相続による不動産名義変更手続き

土地や建物などの不動産を所有している人は、法務局にある登記簿に氏名や住所が記載されていて、一般的に公開されています。

これは、不動産取引をする際に安全で公正な取引が行われように、誰が見ても正確な不動産状況が分かるようにする為です。

なので、万が一不動産を所有する人が亡くなってしまった場合には、法務局の登記簿の所有者を亡くなった人から相続人に名義の変更をする必要があります。

名義変更は義務ではありませんが、不動産は大切な財産なので、トラブルなどの万が一の際に備えて、名義変更の手続きはきちんと行いましょう。

亡くなった人の不動産を相続人が名義変更の手続きを行うことを相続登記といいます。

相続登記は、不動産以外のもの、例えば預貯金などは対象外となります。

相続登記は、不動産を所有する人が亡くなっているため、相続人が手続きを行うことになります。

遺言書などで相続人が決まっている場合は、その内容によって手続きを進めることができますが、相続人が確定してない場合は、確定する為に必要となる戸籍謄本等を集める必要があります。

相続人が確定すると、それぞれの相続人で相続される不動産の名義などを協議します。

その後、申請に必要な書類を揃え、法務局に書類を提出することで、不動産の名義変更をすることが出来ます。

■ おすすめサイト ■
不動産証券化協会 -ARES-